2017年の環境キーワード

今週の弊社セミナーでは、2016年の世界の環境関連の動き、トランプ政権、アメリカの政治、環境・エネルギー関連政策について多岐にわたり、情報共有させて頂きました。

アメリカを中心に海外の環境関連のニュースを踏まえてまとめた2017年の環境キーワードは、下記のようなものがあります。今年は新技術・新素材が環境やサステナビリティにどのように活かされるのか、徐々に具体的な事例を見ていくことができるでしょう。 続きを読む

ランドバンク・ブラウンフィールドの学会発表について

直前のご案内になってしまいましたが、明日、明後日、公益社団法人日本不動産学会、公益社団法人都市住宅学会、資産評価政策学会の3学会共同の学術講演会があり、国土交通省の小林様と弊社・光成(一般社団法人土地再生推進協会・代表理事)が共同執筆した2つの論文の発表があります。場所は水道橋の日本大学経済学部です。 続きを読む

ARES不動産証券化ジャーナル

2016年10月1日発行の不動産証券化協会(ARES)機関紙「ARES不動産証券化ジャーナル」

海外の汚染地再生に関するレポートを寄稿させて頂きました。 続きを読む

インドと中国:環境法制度と環境ビジネス市場

先日、アメリカから来社した環境浄化会社の経営者とアジア市場、特に中国とインドについて話をしたところ、法制度の成熟度やビジネスとしての市場環境について、ほぼ同じ認識を共有できました。 続きを読む

米国:TSCA(有害物質規制法)改正法が成立

6月22日に米国で長らく議論されてきた有害物質規制法(Toxic Substance Control Act, TSCA)の近代化に向けた改正法にオバマ大統領が署名し、成立しました。TSCAは1976年に制定された化学物質の管理に関する法制度ですが、欧州の化学物質規制(REACHやRoHS)に先行され、課題が指摘されていました。

正式名は、 続きを読む

次回の海外環境セミナー(タイ、TSCA、米国動向等)

今年度の第1回は少し遅くなりましたが、次回の海外環境セミナ―は、7月28日(木)午後に開催致します。

主な内容は下記の通りです。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 15