脱炭素化や循環型社会に向けた企業の動き

各国政府の脱炭素政策の動きと共に、大手企業においても持続可能な社会に向けた自主的な取り組みが増えている。

2021年2月、アップル社は、将来的にiPhone等の製品とその梱包材について100%リサイクル素材を使用する方針を発表した。アップルは昨年、すべての製品について2030年までにそのライフサイクル全体でカーボン・ニュートラルを達成する目標を掲げているが、リサイクル方針も拡充し、優先的にリサイクルする14種類の鉱物・素材等を明示した。

携帯端末や電子機器には、レアアースを含む重要な鉱物が含まれており、現在中国がその産出の大部分を占めている。アップルは、アメリカテキサス州に鉱物回収・リサイクルのための研究施設を持ち、複数の鉱物を回収するロボットを開発しており、毎年その回収鉱物の種類を増やしている。

コカ・コーラ社は、欧州で2040年までにカーボン・ニュートラルを達成する目標を掲げており、北米では、100%リサイクル素材のペットボトルを使用する方針を発表した。コカ・コーラは、2030年までに50%リサイクル素材を世界全体で使用する方針を打ち出していましたが、目標を高く設定した。

異業種での連携も増えており、食品関連企業では、食品廃棄物から熱回収する事業に共同参画するケースもある。

また、こうした大手企業を顧客にもつコンサルティング会社や監査法人では、事務所などで使用する電力消費を相殺し、カーボン・ニュートラルを早期に達成する動きも広がっている。4大監査法人の一社であるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、2030年までにネットゼロを達成することを目標として発表しており、アーンスト・アンド・ヤング(EY)は、2025年までにカーボン・ニュートラルを達成するとしてる。事務所や移動に伴う排出量が大部分となる専門職の企業では、社員のリモートワークを組み合わせて、飛行機の移動を控えると共に、オフィスなどでの電力使用を100%再生可能エネルギーに切り替え、残りの排出については、オフセットするとしている。

大手企業の脱炭素やサーキュラー・エコノミーのための取組は、各社の本業に関わる領域に進んでおり、サプライチェーンを通じて世界に広がっている。

3月初旬には、国際会計基準を策定するIFRS財団が気候変動を優先にサステナビリティ報告基準のための委員会を設定する方向性を発表した。米国証券取引委員会でも気候変動関連の情報拡充の方向性を検討している。気候変動をはじめ、これまで自主的な対応が多かった分野においても、規制による義務化や市場の選別を見据えた企業の取組が進んできているといえそうだ。

*本稿は環境新聞(2021年3月17日号)に掲載されました。

2030年に向けた脱炭素のための青写真

バイデン政権が脱炭素政策を打ち出し、様々な施策が公表され、カナダからの石油パイプライン建設の許可取消など、経済的にも影響のある取り組みがはじまっている。

こうした中、全米科学アカデミー、全米技術アカデミー、全米医学アカデミーは、2050年にCO2排出実質ゼロ(ネットゼロ)を達成するための、技術、社会経済の目標とそのための主要政策をまとめたレポートを2月初旬に公表した。

続きを読む

金融機関への気候変動に関するストレステストがもたらす影響

日本でも主要金融機関への気候変動リスクの健全性評価をする予定であるとの報道があるが、欧州では実施に向けた準備が進んでいる。

欧州中央銀行(European Central Bank, ECB)は、2020年11月に金融機関の気候関連及び環境リスクの取組と情報開示に関する現状のレポートと、ガイドを公表した。

続きを読む

新バーゼル条約を目前にした欧州プラスチックリサイクルの現状

菅義偉首相の2050年の温室効果ガス排出実質ゼロ宣言により、日本でも気候変動政策や再生可能エネルギー政策がこれまで以上に進められる方向となっているが、本稿では循環型経済、いわゆるサーキュラー・エコノミー政策の先行する欧州の状況を紹介したい。

続きを読む
1 2 3