次回の海外環境セミナー(タイ、TSCA、米国動向等)

今年度の第1回は少し遅くなりましたが、次回の海外環境セミナ―は、7月28日(木)午後に開催致します。

主な内容は下記の通りです。 続きを読む

今後の米国環境政策

先週のセミナーでは、海外の環境規制だけでなく、環境ビジネスのトレンドについても御紹介し、来賓特別講演も頂き、参加者の皆様からたいへん良いご反応を頂くことができました。 続きを読む

水銀含有製品の禁止:欧州やシンガポールで法案

2021年以降、ランプなどに水銀が含まれる水銀含有製品の製造・輸出入の禁止を定める水俣条約が合意され、日本でも今年2月初旬に条約締結が閣議決定されました。 続きを読む

2016年:世界の環境ビジネスと環境規制

2016年に入り、2015年のレビューに加え、今年の様々な分野の予想や方向性が示されていますが、世界の環境規制や政策、技術やサービスの動向はどのようなトレンドになっていくのでしょうか。 続きを読む

環境関連の許認可・届出等の電子化の流れ

海外施設の大気や水、廃棄物に係る許認可の手続きについて電子化が進んでいますが、欧州で各国が進めているSevesoIII指令に基づく緊急時届出等について、一部の国では、緊急時の届出を事前に登録した電子メールからのみ受け付ける規定が制定されています。

北米やシンガポールなどでも電子届けが増えていますが、法制化が進む中東欧でも電子手続きの動きが増えてきました。本人確認やデータ改ざんの防止、場所の確認など、安全面でも電子化のメリットは大きく、その後の解析にも役立つことから、取り組みが進められています。

国内でも2年前から進めてきた環境計量証明書の電子化の取組が動き出しています。 続きを読む

1 2 3 4 5 6